白浜の伊勢海老とカツオ

私が言うまでもないが、和歌山には美味いものがヤマほどある。

特に「白浜の海の幸」は、格別だ。

中でも「海老の王様」伊勢海老は千葉、三重に次いで全国第3位の水揚げ量を誇る。

今年も9月に解禁となったが、ご覧の迫力だ。

こどもの頃の夢は「大きくなたら、大豪邸に住んで水族館級の巨大な水槽を家に置き、その中で無数の伊勢海老を飼うこと」だった。もちろん、食すことが前提だ。

それくらい中々、お目にかけることのできない「憧れの海老」だったのだ。

頬が落ちるほど旨い旨いとは聞いていたが、初めて食したのは高校を卒業してからだったと思う。その「食感」に感動した。

今までに経験したことのない「プリッ」を超える「ブリブリッ」とした歯ごたえ。

歯が身を切り裂いた瞬間に破裂する「強烈な甘み」。この幸に関しては醤油いらずだった。

頭も捨てず味噌汁にする。海の主の脳みそは、まぁ詰まっている。

それが味噌汁にジワジワジワーっと浸透していくのだから、ウマくないはずがない。

たまらん。

しかし、白浜の海の幸はこれだけではない。

同時期に水揚げされるのが「秋の戻りガツオ」だ。

身がパンッパン。ギラギラ輝いている。

鍛え上げられた身体が早く食べてくれと主張してくる。

そう。

伊勢海老とカツオが同時に水揚げされてしまうのだから、こういうことができてしまう。

伊勢海老とカツオの同舟。

どうですか。

この写真を見ながらビールが飲めるほどしょ。

秋の和歌山。

あー、行きたいな白浜

ニュース バズーカー編集長 庄野数馬