性格

いい人間は100%幸せになり、悪い人間は100%、どこかで必ず蹴つまずくもの。

「サッカー選手、上船利徳」上船利徳氏に迫る#3

2週間空いてしまった。気づけば街は冬の装い。彼と出会ったのはつい1ヶ月ほど前のことなのだが。彼があまりにも熱かったものだから。あれが夏のことのようで、季節感がおかしくなりそうだ。そんな彼から漂う陽炎を思い出しながら、話の続きだ。

まとめサイト

その多くが取材もせず、裏取りもせず、楽してまとめられた情報で溢れかえっているサイト。また早くまとめた者勝ちなので、情報の信憑性がないのに加えて、誤字脱字も多い。まことしやかに書かれている記事を鵜呑みにしないのがメディアリテラシーを身に着ける第一歩なのだろうが、そもそも見るに値しないもの。

だんご三兄弟

兄弟姉妹間の自分のポジションが人格形成に大きな影響を与えることを提示した名曲。弟思いである長男、兄さん思いなのが三男、そして自分が一番の二男。

言い訳

すると自分の価値を下げ、堪えると自分を成長させるもの。世の中は理不尽なもの。「言いたいことが言えないこんな世の中なら」とGTOに洗脳された私たち世代が、しがち。

桜を見る会

春になれば日本人なら誰しもが開く会。花の色は薄紅色。桜は薄まりやすいのか、今回の騒動も

怪文書

名無しの権兵衛が特定の個人や組織に向けて送る破壊力抜群の手紙のこと。
また、無責任がヒーローになりすまし、「いざ世直しをせん」とばかりに対象者を排除する運動のこと。
怪文書を出した者の多くは何者だったかを探し当てられることはない。

プロ野球選手になって親を楽にしたい~無常にも夢砕かれた青年の挫折と挑戦

笑うとチャーミングな大男は、とても優しい。 友人の紹介で彼に出会ったのは今年6月のこと。 目と目を合わせた瞬間、「彼と一緒に何か面白いことがしたい」と脳内に電気が走った。 その男は樫村 瑞生(183cm/90kg)。まだ […]